6.こんなに何もない基礎で大丈夫なのか?! の巻

木村建設 新モデルハウス&社長の自宅 建築日記

木村建設 モデルハウス

 

 

建築会社の腕の見せどころ!「熱血建築」編
こんなに何もない基礎で大丈夫なのか!? の巻

 

 

みなさんこんにちは。

木村建設の森です。

木村建設 森

今回は「こんなに何もない基礎で大丈夫なのか?! の巻」編です。

皆さん家を建てる時、基礎について調べられたり考えたりしますか?

恐らく基礎の事を真剣に考えてる方は少ないのではないでしょうか。

今回は家にとってとても大事な基礎、家の土台となる部分のお話をしたいと思います。

是非ご覧になってください。

 

第一幕 木村建設こだわりの基礎!?

 

皆さん基礎って何故あるのかご存じですか??

営業森も建物の事は勉強しているが、基礎って何??

という状態だったので棟梁浦出に突撃取材してみました。

 

営業森

「浦出さん!!いきなりなんですけど基礎ってなんの為にあるんですか?」

棟梁浦出

「なんやその質問は!」

営業森

「すみません(汗)基礎ってそんなに大事なのかなぁと思って」

棟梁浦出

「大事やで。基礎がしっかりしてないと建物が傾くぞ」

営業森

「建物が傾く??」

棟梁浦出

「そう。基礎がなく、地面に柱を直接建てるとどうなると思う?さすがの森でも想像つくやろ?
地震が起きたら一発アウト!必ず倒壊するな」

営業森

「なるほど。家全体を支えるという所で重要になってくるんですね」

棟梁浦出

「そうゆうこと。」

営業森

「ちなみに社長の自宅兼モデルハウスの基礎は立ち上がりがなく、弱そうな基礎に見えるんですけど…?」

棟梁浦出

「大丈夫やで!!このコンクリートの中には地中梁(ちちゅうはり)が入ってるからな」

営業森

「地中梁??」

棟梁浦出

「そう。この地中梁が基礎の強度を高めてくれるから安心なんだよ」

※基礎の中の地中梁

営業森

「この地中梁って他の会社は入れていないんですか?」

棟梁浦出

「一般的には入れなくても法律的には問題ないからな」

営業森

「地中梁をいれなくても問題ないが、さらに強い家づくりの為なんですね。
最近、地震が多いし、今後大きい地震が必ずくるって言われてますしね」

棟梁浦出

「その通り。やっぱり家族が一生住むお家。安心・安全が一番やからな」

営業森

「そうですよね、ありがとうございます」

 

基礎ってあまり考えていなかったけど、建物と地面を繋ぐ大事な部分。

家の土台となる部分、しっかり考える必要性がありますね!!

 

第二幕 立ち上がりの無い基礎

 

立ち上がりの無い基礎でも、地中梁によって強度があるのは分かった。

なぜ木村建設はこの基礎に行き着いたのかが知りたい!!

営業森の探求心に火がついてしまった!!

今度は社長に突撃取材です。

 

営業森

「社長!なんで立ち上がりの無い基礎を使っているんですか?」

社長

「いろいろ理由があるんだけど、将来的にリフォームがしやすいからなんだ!!」

営業森

「リフォームですか?せっかく注文住宅で家を建てるのにリフォーム考えなくても…」

社長

「そう思うやろ?けど、10年後、20年後、30年後、家族の生活スタイルって変わってると思わないか?森は介護の仕事してた時に、ご家族様から何か話し聞いてない?」

営業森

「そういえば、介護状態になった時にトイレの位置や、2階の部屋に登れないから1階で生活してる話は聞いたことがあります」

社長

「そうなった時に、1階のトイレや部屋の間取りを変える事が可能なんだ」

営業森

「でも自由に間取りを変えても耐震性は大丈夫なんですか?」

社長

「立ち上がりの無い基礎の場合、外周りの壁と柱2本で家全体を支えているから壁と柱の位置さえ変えなければ問題ないんだ」

営業森

「なるほど。耐震性に問題がなければいいですよね。けど、立ち上がりのある基礎の場合もリフォームは出来ますよね?」

社長

「もちろん出来ない事は無いよ。けど、立ち上がりのある基礎の場合は、間仕切りの壁で家全体を支えているからリフォームの制限があるんだ。だから自由度は下がるよね」

営業森

「あ!そうですよね。一般のお家は間仕切り壁で支えているけど木村建設の場合は、外周りの壁と柱2本で支えているから間取りの自由度が上がって、リフォームの事も考えやすいんですね」

社長

「そういう事。将来的にお子様が家を継いだ時も、自分たちの使いやすい動線や間取りにしたいやろ?その時にも柔軟に対応できるって事や」

営業森

「今だけではなく、将来の事も考える事ができる家っていいですね」

社長

「わかったか?森」

営業森

「はい。わかりました。ありがとうございます。」

 

一生住む事になるお家。

家族の成長などに合わせることで、住み替えることなく長く住めるお家になる。

今だけを考えるのではなく、将来の事も考えた家づくり。

また何かあっても対応できる柔軟なお家づくりが大切になってくる事を知りました。

 

 

 

 

次回【実験!自然の力を家に採り入れる「びおソーラー」の基礎断熱】の巻

お楽しみに!!

 

 

 

木村建設 新モデルハウス&社長の自宅 建築日記

 

【前の記事】5.外観のバランスにこだわる!! の巻
【次の記事】7.実験!自然の力を家に採り入れる「びおソーラー」の基礎断熱 の巻(2020年3月20日公開予定)

【目次ページ】木村建設 社長の自宅&新モデルハウス 家づくり日記

木のテーマパーク 木材のモデルハウス くま 木のテーマパーク 木材のモデルハウス くわしくはこちらをクリック